副業で20万円以上稼いだ場合に確定申告が必要

TOP > ライターの仕事の魅力 > 副業で20万円以上稼いだ場合に確定申告が必要

副業で20万円以上稼いだ場合に確定申告が必要

副業で20万円以上稼いだ場合に確定申告が必要と言われていますが、厳密には条件は給料収入によって異なります。一般的な会社員は20万円以内は非課税になるので省略できますが、給料収入が2000万円を超えてい る場合には金額に関係なく確定申告しなければなりません。

また、医療費控除の申請を行う場合にも副業の収入とは関係なく確定申告が必要に なります。 省略しても問題は起きませんが、稼ぎが出ていない場合でも行った方が良いケースもあります。例えば株やFXで投資を行っており、 損失が出た場合に3年間の繰越控除が適用できますが、税務署に損失がいくらであるのか申請していないと利用できません。

手続きする手間がか かるので、損失の金額が少なければ節税効果も小さいので省略しても良いですが、損失が大きい場合は確定申告しておいた方が得になります。 基準になる金額を超えているのに確定申告をしなかった場合の影響ですが、税務署に気付かれると追徴課税することになり、納付額が増えるの で注意が必要です。副業の種類によって異なりますが、収支がマイナンバーで管理されているものであれば税務署で状況の把握が容易になって いるため、以前のように申告逃れができなくなっています。 確定申告する際に、住民税の扱いも変更した方が良いでしょう。

通常は会社が支払 って給料から天引きするため、税務署から住民税が通知されます。給料で計算した金額と一致しなくなり、副業がバレてしまうので、就業規則 で禁じられているのであれば通知されないように切り替えが必要です。住民税の項目で自分で納付にチェックを入れると切り替えできますが、 一部の自治体では処理の簡易化のために切り替えないことがあるため、税務課に連絡して確認もしておきましょう


副業で20万円以上稼いだ場合に確定申告が必要関連ページ

副業で20万円以上稼いだ場合に確定申告が必要
副業で20万円以上稼いだ場合に確定申告が必要と言われていますが、厳密には条件は給...
ワードは文書作成が出来るパソコン・ソフト
ワードは文書作成が出来るパソコン・ソフトです。Windows系のPCであれば、も...
サグーワークスで在宅ワークを行うとき、メリットがいくつかあります
サグーワークスで在宅ワークを行うとき、メリットがいくつかあります。1つは、自宅で...
最初は趣味の一環として、日常を書き溜めておく
最初は趣味の一環として、日常を書き溜めておくという目的からブログを始めましたが、...
子供との時間を持ちやすい在宅ワーク
自宅で出来るブログライターの仕事をする事によって子供との時間を持ちやすくなります...
ルールに従うこと、誤字脱字に気をつける
ブログライターは、企業などからあるテーマについてブログ記事を書いてほしいという依...
初心者が気になる仕事の収入はいくら?
正社員として働いている人でも、現在の収入に満足していない人はたくさんいます。生活...
ブログライターの仕事を始めてからは平和な日々
通勤のために毎日時間をかけてしまっていたり、社内での対人関係に悩まされていた頃と...
注目を集める記事を書くことができれば、多くの収入に!
インターネットが発達したことによって、多くの人がブログを読むようになり、中にはブ...